<   2006年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Bestな状態で年越し、Freshな気持ちで新年

みなさんこんにちは。

今年も残すところわずか。12月、1月はクリスマス、忘年会、新年会と、イベントが盛りだくさん!!どうしても暴飲暴食になりがちです。

そこで、Bestな状態で年を越し、Freshな気持ちで新しい年が迎えられるよう、2つのツボイントをお教え致します!

【ツボイント】

★胃★

胃は、食べ物を消化、吸収してくれる場所です。胃のツボは両足の土踏まずの部分(へこんだ部分)です。ここを、こぶし(グー)でかかとに向かって押しましょう。ぶちぶち、ゴロゴロを感じたら、それは胃が疲れている証拠。くまなくほぐしてあげましょう。旅先などにビー玉やスーパーボールなど携帯して、こっそりやるのもオススメ。もたれ、消化不良の改善になります。ただし、食後40分~1時間に押すのは避けてください。逆効果になってしまいます。

★肝臓★

肝臓はアルコールの分解や、疲労回復の手助けをしてくれる場所です。飲む前に押すと悪酔いが軽減されます。また、飲みすぎてしまい二日酔いで辛いときには肝臓部分をしっかり押しましょう。

肝臓のツボは右足にしかありません。右足の薬指と小指の間を下に向かい約3センチくらいのところ(骨の下)を手の指の関節を使い、かかとに向かって少し強めに押しましょう。

この2つのツボイント+食事をする際、下記の工夫をしてみてください。

・口に入れた食べ物を20回以上噛む。

・姿勢を正して食事する。

・口に入れた食べ物を飲み込んでから、次のものに箸をつける。

簡単そうですが、それができない方が殆どです。

でも、こうした普段の当たり前のことを身につけることで、心も体もどんどん健康体に変わっていきます。

食事は楽しく!そして、自分が出来ることから始めてみましょう。

staff 黒田
[PR]
by docodemomatty | 2006-12-19 10:00 | コラム

意外と知らない台湾マナー

ご存じですか?台湾でのマナー

台湾は親日で有名です。日本語も通じるし日本でお馴染みの店や品物も多く有り、
まるで日本であるかのような錯覚さえするほど日本に近い国です。
ですが、日本では当たり前のことでも台湾ではマナー違反になることがあります。

1.お手洗い
殆どが水洗トイレですが下水管が細く詰まるところが多いので、必ず大きめのゴミ箱が設置してあります。ですから台湾では紙は流さずゴミ箱へ捨てるのがマナーです。つい流してしまわないようにしましょう。

2.地下鉄(MRT)
台北市内の移動には地下鉄が便利です。3〜5分間隔で運行されていて料金も低料金。あちこちへ行きたいなら1日乗車券もお勧めです。しかも子供料金はなく身長115㎝以下なら無料。
そんな地下鉄でのマナーは2つ。1つは日本でも同じですが全面禁煙。地下鉄に限らず公共の場所や建物は禁煙です。もう1つは飲食禁止。ペットボトルを持ち歩いて飲んだり、ガムを噛んだり日本ではよくある光景も台湾ではNG。違反すると罰金をとられるので要注意!

台湾に限らず海外ではその国それぞれのマナーがあります。海外旅行の際は事前の下調べを忘れず楽しい旅行にしましょう。

【ツボイント】気になるいびきには・・・
前回に引き続き今回も旅行で使えるツボをお教えします。
旅行では最後まで楽しく過ごしたいもの。けれどいびきは誰もが大なり小なりかくものです。迷惑をかけたら・・・とご心配の方、寝る前におまじないのようにツボってみましょう。

★鼻★
ツボの位置・・・親指の腹の外側。
ツボの押し方・・・上から下に向かって押しましょう。

★肺・気管支★
ツボの位置・・・足の裏指の付根から3〜4cm骨の下。
ツボの押し方・・・親指側から小指側へ向かって、指の腹をまんべんなく使って押し滑らせましょう。

★扁桃腺★
ツボの位置・・・親指の関節から付け根。
ツボの押し方・・・心臓に向かって、押し滑らせましょう。

d0088316_2153561.jpg

              台湾技術交流の模様           

staff 里中
    
[PR]
by docodemomatty | 2006-12-09 21:57 | コラム

本場台湾へ研修旅行に行ってきました

11月15日から17日にかけて、MattyOfficeでは台湾へ研修旅行に行ってきました!
そこで、今回はその中で感じたこと、行ったお店でみなさんにお奨めの情報をお届けします。

台湾は成田から飛行機で3時間半くらいととても近い上に、現地の人たちはみんな温和で親切。日本語を話せる方も多く、安心して旅行を楽しめるのが魅力です。
でも、最大の魅力はなんと言ってもお茶と食べ物!
新鮮なお茶の葉で淹れていただく烏龍茶は、甘みがありどちらかというと日本茶に近く、日本で飲むものとは色も味もまったく違うんです。
そして外食文化の台湾。
夜の屋台はもちろん、街中にも安くておいしいお店から本格的な中華料理のお店まで、とにかく盛りだくさんで、一体どこに入って何を食べればいいのか、嬉しい悩みに頭を抱えてしまいます。

そこで1軒、今回私たちが行った『京鼎樓』という小龍包のお店をご紹介。
d0088316_14312675.jpg

MRT中山駅から徒歩約10分、Matty先生の本に載っているお茶屋さん「昇祥茶行」のそばにあるお店なんですが、このお店はガイドブックや新宿高島屋にも入っていてみなさんもご存知の「鼎泰豐-ディンタイフォン-」元調理人さんが開いたというお店で、熱々ジューシーな小龍包は地元の人も納得の味でとても美味!
隠れた名店なので、台湾にお越しの際はぜひぜひ行ってみてくださいね。

そして、この研修旅行中に私たちは台湾の中華足部反射区健康法協会の副会長である、宗元堂の楊宗義先生と技術交流させていただきました。


【ツボイント】 旅行の大敵!乗り物酔いには・・・
今年も早12月。これから来る年末年始には、ご旅行に帰省にと、 長時間乗り物に乗る機会も多くなるのではないでしょうか?
そんな今の時期だからこそ、今回は台湾旅行のネタにもちなんで、 乗り物酔いに効果的なツボをお教えします。

*平衡器官*
ツボの位置・・・足の甲の薬指と小指の付け根から骨と骨の間3cmくらいまで。
ツボの押し方・・・骨の間のくぼみを足首に向かって押しましょう。

手にも同じツボがありますので、乗り物に乗る前から押して酔いを予
防しましょう!酔ってしまってからでも効果はあります!

staff 鈴木
[PR]
by docodemomatty | 2006-12-05 16:00 | コラム